IDEA★DESIGN

REBOOT

よもやま話 仕事

すぐにできる!飲食店の集客・売上UPのSNS活用ノウハウ

投稿日:

ポケモンGO、やっとレベル29になりましたがなかなか進まず、もはや苦行となっております。汗

ワタクシ、よく外食しますが飲食店のみなさんSNSをあんまり活用してないんですね。
ワタシがもっとSNS使ったら?って言うと、面倒だとかよくわからないって、返ってくるんですね。
そんなSNSが面倒、よく分からないってヒトでもできる、簡単にお金をかけないSNS活用法を伝授しますよ。

SNSってなに?

SNSとはソーシャルネットワーキングサービスの略で、人と人の繋がりを支援するネット上のサービスの事をいいます。
古くは、ゆびとま(この指とまれ!:同窓会支援サービス)(超懐かしい!)やMixi(ミクシィ)、今はLINE(ライン)、Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)、Instagram(インスタグラム)があります。

それぞれの特徴を理解

それぞれのSNSは特徴があります。
ユーザーの傾向などはこちらを見ていただくとして、
「【2016年最新】主要ソーシャルメディアのユーザー数まとめ」
ザックリ表現してしまうと、Facebookは年齢層高め、おじさんおばさんのリア充自慢サイト、Instagramは若い女子のオシャレなもの、かわいいものの写真共有サイトと言えるでしょう。(本当か?)
まぁザックリ知っておけばいいんじゃないでしょうか。
知らなくても大丈夫ですし・・・。

店が発信しないSNS活用法

みなさんSNSを活用するって言うとお店のFacebookページ作ってTwitterで呟いてって、想像しますよね?
ええ、それは王道なのですが、そんな面倒なことはしません。
だって面倒だったり分からないからやらないんでしょ?

お客さんに発信してもらう

自分たちが発信するのが面倒ならお客さんに発信してもらいましょう。
でも、お客さんに単純にお願いしてもだめですね。
当たり前です。
どうやったら、Facebookに投稿してくれるのでしょう?

・・・・解説が面倒になってきました。汗

なので、とっととやり方を教えましょう。

仕掛けをつくる

お客さんに発信してもらうには、仕掛けや環境をつくります。

1.撮影OKの貼り紙を貼る

okまずは写真撮ってもいいですよ、SNSに投稿してOKですよという、貼り紙をします。
簡単に作ってみました。
(あらら、カーソルが出ちゃってますね、スクリーンショットしたのがバレバレ)
例えばこれをA4やハガキ大の紙に印刷して各テーブルに置いたり貼ったりしましょう。
このポスター、折角作ったのでダウンロードできるようにしますね。
A4のPDFで作りました。
ダウンロードはこちら。→写真撮影OK、SNS投稿OKポスター
今は少なくなりましたが、一昔前は撮影禁止の店もありましたから、これが貼ってあれば躊躇せずにSNSに投稿できます。
意外にこれ重要です。
あと、たまにですけど照明が悪い店があります。
例えばこれ。
博多串焼き 一歩 千歳烏山
照明自体が暗い上に真上に電球色(提灯)なので綺麗に撮れません。
このやきとり、とても美味しんのですがおいしそうに撮れてません。
やはり美味しそうじゃないと投稿もされませんね。

2.盛り付けを変える

例えばキャベツをびっくりするほど高く盛ってみたり、サラダをかわいい顔に見立てて盛り付けたりして、写真を撮るきっかけにするんです。


こちらはいくら丼をいくらをどんどん入れるパフォーマンスですが、ここまでやればかなりの数投稿されますね。
アイデアはいくつでも出ます。
メガ盛りもいいですが、逆に小さいお皿に料理をてんこ盛りにして「これ、どーやって食べるんだよっ!」ってのもいいですね。

3.ネーミングをおもしろいものに変える

少し前に聞いたのはビールのメガジョッキのことを「男前ジョッキ」と名付けたら、飛ぶように注文が増えたという話。
男前ジョッキを注文すると、
店員「男前いっちょう!」
別店員「はい、男前いっちょう!」
別の客「なに、男前って?」
運ばれてきたビールを見て、さらに他の客が男前ビールを頼むという循環に入ります。

うちの近くにお好み焼き屋さんがあるのだが、その前には「とりあえず にしさん!?」というノボリが立ててある。
にしさんって、なんだかわかりませんよね?
しかもノボリが立っている。
実は「にしさん」はおつまみの名前なんですが、これがきっかけでテレビ東京の「モヤモヤさまぁ~ず」で放映されました。
ちょっとSNS活用からずれましたね。

4.撮影に協力する

グループ客の誰かが写真を自撮りしようとしていたら、すかさずスタッフが協力してあげるようにしましょう。
特に女性のグループはSNSに投稿する可能性が高く、接客の向上にもつながります。

さいごに

SNSは悪いこと書かれるから心配ですって?
もし悪い評価を書かれても真っ当なことだったら改善すればいいだけのこと。
言いがかりのようなものでも、しっかり対応すればいい。
大丈夫です、ちゃんとした店ならSNSはリスクよりリターンの方が大きいんですから。

-よもやま話, 仕事

Copyright© REBOOT , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.