タバコ 喫煙者が起こした事件・事故

喫煙者が起こした事件・事故ニュース

更新日:

Contents

"居酒屋の喫煙所"で入り口付近から移動を頼まれ激高…髪つかみ顔面ひざ蹴りしケガさせる 33歳男逮捕

DATE:2020/9/10

 居酒屋で居合わせた男性客の髪をつかみ、顔に膝蹴りしケガを負わせたとして、33歳の男が逮捕されました。

 傷害の現行犯で逮捕されたのは、北海道恵庭市の無職の33歳の男です。

 警察によりますと男は9月9日午後7時50分ごろ、恵庭市の居酒屋で居合わせた27歳の客の男性の髪をつかみ、顔に膝蹴りしケガをさせ、店の通報で駆け付けた警察に逮捕されました。

 男性は眉尻付近を切り出血する軽傷です。

 当時男性が店内の喫煙所を訪れた際、男が先に出入り口近くでタバコを吸っていたため移動するよう依頼したところ、男が突然激高。

 男性に因縁をつけて、暴行を始めたということです。

 当時喫煙所にほかの人はおらず、騒ぎに気づいた男性の知人などが男を止め、店の従業員が警察に通報しました。2人に面識はありませんでした。

 男はひどく酒に酔っていて、調べに対しても言動が二転三転することから、警察は男の回復を待って事情を聞くことにしています。

北海道ニュースUHB #

歩きたばこ注意され立腹、カッターナイフで大学生脅す

DATE:2020/9/8

歩きたばこを注意されたことに腹を立て刃物を示したとして、多摩署は8日、暴力行為法違反の疑いで、川崎市多摩区の会社員の男(61)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午後4時35分ごろ、同区の小田急線生田駅近くの路上で、男子大学生(22)にカッターナイフを示し、「ふざけんじゃねえ、殺すぞ」などと脅した、としている。容疑を認めているという。

 署によると、男は大学生の前を歩いていた。追い抜く際に注意した大学生に対し、持っていたカッターナイフを取り出したという。

カナコロ #

たばこ吸いたかった…コンビニでたばこ奪い取ろうとした疑い、男逮捕 女性店長に包丁突き付ける/浦和東署

DATE:2020/8/12

浦和東署は10日、強盗未遂と銃刀法違反の疑いで、川口市木曽呂、無職の男(24)を逮捕した。

逮捕容疑は9日午後11時25分ごろ、さいたま市緑区東浦和1丁目のコンビニエンスストア「ファミリーマート東浦和駅前店」で、女性店長(61)に刃渡り約16センチの包丁を突き付け、たばこを奪い取ろうとした疑い。けが人はなかった。

同署によると、警備会社を通じて「客と口論になっている」と110番があった。警察官が現場に駆け付けると、店舗近くにいる男を発見。包丁を所持していたため逮捕した。男は容疑を認め「たばこをどうしても吸いたかった」と話しているという。

埼玉新聞 https://www.saitama-np.co.jp/news/2020/08/12/04_.html

2人死亡 火元の部屋の男を逮捕

DATE:2020.7.15

14日未明、札幌市西区の共同住宅の1室から火が出て2人が死亡した火事で、警察は火元の部屋に住む41歳の男がタバコを吸うために使ったマッチを床に投げ捨てて火事を起こしたとして重過失失火などの疑いで逮捕しました。14日未明、札幌市西区二十四軒4条5丁目の4階建て共同住宅から火が出て、1階の1室およそ15平方メートルや階段、それに廊下が焼けました。
警察によりますとこの火事で、3階に住む舟崎琢哉さん(56)と2階に住む70代の男性が煙を吸って死亡しました。
また、住人2人がやけどをするなどして重傷だということです。
警察が火事の原因を調べたところ火元の部屋に住む無職の橋本学容疑者(41)がタバコを吸うためにマッチを使った際に火の付いたマッチを床に投げ捨てて火事を起こした疑いが強まり、重過失失火と重過失致死の疑いで、きょう逮捕しました。
調べに対し橋本容疑者は「ベッドでタバコを吸おうとしていた。床のゴミに火が付き、消そうと思ったが消えなかった」などと供述し容疑を認めているということです。

NHK NEWS WEB https://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/20200715/7000022974.html

タバコの火を押し付け いわきで父親逮捕

DATE:2020.7.12

いわき市で、息子の腕にタバコの火を押し付けるなどの虐待をしたとして、44歳の父親が逮捕された。
傷害の疑いで逮捕されたのはいわき市の土木作業員、本多幸恵容疑者44歳。
本多容疑者は6月下旬に、自宅で10代の息子の右腕にタバコの火を押し付けるなどの暴行をし、全治約1か月の火傷を負わせた疑い。
被害の申告があり警察が調べたところ、本多容疑者は「自分がやった」と容疑を認めたという。
警察はこの他にも息子を日常的に虐待していなかったかどうか、慎重に捜査を進めている。

福島中央テレビニュース http://www.fct.co.jp/sphone/news/news_307912835.html

府警本部トイレでコッソリ喫煙、雑巾に包んでロッカーに入れたら…ぼや騒ぎ

DATE:2020.7.11

京都府警本部庁舎で喫煙し、ぼや騒ぎを起こしたとして、府警が交通機動隊の20歳代男性巡査を所属長注意としたことが府警への取材でわかった。6月25日付。 府警監察官室によると、男性巡査は4月下旬、勤務時間中に、喫煙禁止の庁舎内の1階トイレ個室で喫煙し、たばこを雑巾に包み、3階更衣室の自身のロッカーに保管。しばらくして上司が焦げた臭いに気付き、ロッカーを開けると雑巾がくすぶっていたため足で消し止めたという。

府警は昨年7月1日から警察施設の敷地内を全面禁煙としている。巡査は4月上旬から庁舎内で複数回喫煙をしていたといい、「消したつもりで隠していた」

読売新聞オンライン https://www.yomiuri.co.jp/national/20200710-OYT1T50157/

「職場にいるのしんどく」 勤務中に喫煙170回、大阪市職員を懲戒処分

DATE:2020.7.9

大阪市は9日、勤務時間中に喫煙を繰り返したなどとして、市都市整備局の男性職員(43)を減給6月(10分の1)の懲戒処分にしたと発表した。勤務中の外出休憩は291回、そのうち喫煙回数は170回に上るといい、男性職員は「職場にいることがしんどかった。気分転換したかった」と話しているという。 市によると、男性職員は2018年7月~20年2月、市本庁舎近くの川沿いのベンチで休憩し、喫煙していた。頻度は増えていき、休憩は1日1、2回で1回約15分。喫煙は週5回ほどになっていたという。

市では市長名の通達で、全市職員に勤務中の喫煙が禁じられており、反した場合は懲戒処分と決められている。また市職員基本条例では職務に専念する義務が定められている。

今年1月に「職員が庁舎から出て喫煙している」と通報があり、2月に市都市整備局が把握して調査していた。男性職員は「もう二度としません」と反省しているという。【田畠広景】

毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20200709/k00/00m/040/226000c

3歳長男の腕・背中をライターの火であぶる…両親が起訴事実認める

DATE:2020.7.1

3歳の長男にやけどを負わせるなどしたとして傷害罪に問われた三重県大台町、無職の父親(22)と母親(23)の初公判が29日、津地裁(四宮知彦裁判官)であり、両被告は起訴事実を認めた。検察側は父親に懲役3年6月、母親に2年6月を求刑し、即日結審した。判決は7月17日。 起訴状では、2人は3月19日、大台町の自宅で長男の顔を浴槽の湯に数回沈めたほか、長男の手や腰をライターの火であぶって全治約1か月のやけどを負わせたとしている。父親は翌20日、松阪市のカラオケ店で、長男の額をマイクで殴り、全治約10日間のけがを負わせたとしている。

検察側は冒頭陳述で、2人は言うことを聞かない長男に腹を立て、腕や背中をライターの火であぶるなどしたと指摘。論告で「残酷で非人道的な犯行」と主張した。

読売新聞オンライン https://www.yomiuri.co.jp/national/20200630-OYT1T50145/

小牧のコンビニで強盗未遂 刃物で店員脅す、男逃走

DATE:2020.5.29

二十九日午前三時二十三分ごろ、愛知県小牧市小松寺三のファミリーマート小牧文津店で、客を装って入店した男が、レジにいたアルバイトの女性店員(58)にたばこを注文した後、包丁のような物を突き付けた。店員がとっさにバーコードリーダーを投げ付け、バックヤードに避難すると、男は徒歩で逃げたという。小牧署は強盗未遂事件として捜査している。
署によると、店には店員が一人で勤務し、客はいなかった。
男は三十代ぐらいで、身長一六〇〜一六五センチの痩せ形。グレーのパーカと黒いズボン姿で、黒い野球帽と白いマスクで顔を覆い、ベージュのショルダーバッグを持っていた。

中日新聞 https://www.chunichi.co.jp/article/64362

コンビニ強盗、店員が切られ負傷 男は逃走中 京都市

DATE:2020.5.7

7日午前2時20分ごろ、京都市右京区のコンビニエンスストアで、たばこを買った男が男性店員(27)に「金を出せ」とナイフを突きつけて脅し、レジを押さえた店員の両手を切りつけてけがを負わせた。男は何も取らずバイクで逃げた。京都府警右京署が強盗致傷事件として捜査している。 右京署によると、男性店員は軽傷という。逃げた男は20~30代で身長約165~170センチの細身。黒いジャンパーに茶色のズボン、黒縁眼鏡、白いマスクを着用していたという。

京都新聞 https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/237087

光・コンビニで男2人タバコなど奪い逃走

DATE:2020.4.26

昨夜、山口県光市のコンビニエンスストアに2人組の男が押し入り、店内の商品を奪って逃走しました。警察では強盗事件の疑いもあるとして逃げた男らの行方を追っています。きのう午後8時すぎ、光市木園のセブンイレブン光市木園店に、マスクを着けた2人組の男が押し入りました。当時店内では女性店員が2人で接客していて、不審な動きをしていたため声をかけたところ、タバコ3箱と軍手2組を持ち出し、逃走したということです。男らを制止しようとしたとき、47歳の女性店員1人が左ひざにかすり傷を負いました。逃走時、客は不在でほかに、けがをした人はいませんでした。警察によりますと、2人の男はいずれも年齢が20代~30代、身長は170センチくらいで、1人は上下が黒、もう1人は上下ともグレーの服を着ていたということです。現場は近くに保育園や中学校が建ち並ぶ住宅地です。店内に設置された防犯カメラに犯行の様子が映っていて、警察では映像の解析を進めるとともに逃げた男らの行方を追っています。

Yahoo!ニュース https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200426-00000001-tys-l35

「休校で甘えが…」講師、校内でたばこ→ポイ捨て→ぼや

DATE:2020.4.16

 玉野市の市立日比中の男性講師が全面禁煙の校内で喫煙し、投げ捨てた吸い殻が原因とみられるぼやが起きていたことが分かった。現場近くから約100本の吸い殻が見つかり、講師は市教委に対し、新型コロナウイルスの影響で臨時休校になった3月2日以降、捨てていたと説明している。

市消防本部によると、臨時休校が続いた今月10日午後3時55分ごろ、学校周辺で「煙が出ている」と通報があり、体育館近くの雑草など約10平方メートルが焼けた。

市教委によると、講師は人目につきにくい体育館近くで喫煙を繰り返し、吸い殻を敷地外の林に捨てていたという。市教委に対し「(臨時休校で)生徒がいなくなり、甘えが生じた」と話しているという。

市教委は「市民の信頼を失墜させ、申し訳ない」とし、講師の処分を検討している。

朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASN4H6S76N4HPPZB00C.html

3歳の息子にたばこの火を押しつけた疑い 夫婦を逮捕

DATE:2020.4.12

 3歳の息子にたばこの火を押しつけるなどの虐待をしたとして、三重県警は12日、同県大台町千代、会社員木下翔太容疑者(22)と妻で派遣社員の優奈容疑者(23)を傷害の容疑で逮捕し、発表した。翔太容疑者は容疑を認め、優奈容疑者は「見ていただけ」と容疑を一部否認しているという。

大台署によると、両容疑者は3月18日ごろから23日ごろにかけて、息子(3)の右手甲や右腕にたばこの火を押しつけるなどの暴行を加え、全治約10日のけがを負わせた疑いがある。息子は命に別条はないというが、体に10カ所ほどの傷があったという。児童相談所から署に通報があり、息子は児相が保護したという。

朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASN4D0TXPN4COIPE01J.html

路上喫煙注意され暴行 傷害容疑で大学生逮捕 警視庁

DATE:2020.4.3

 路上喫煙を注意した男性を殴りけがを負わせたとして、警視庁池袋署は傷害容疑で、埼玉県越谷市袋山、大学生、古賀瞬輝(しゅんき)容疑者(20)を逮捕した。調べに対し、「酒に酔っていて記憶が曖昧だが、殴ったことに間違いない」と容疑を認めている。

逮捕容疑は昨年11月13日午前1時半ごろ、東京都豊島区東池袋の駐輪場で、40代男性から路上喫煙などを注意されたことに腹を立て、男性の顔を殴るなどの暴行を加え、鼻の骨を折るなど約2カ月のけがを負わせたとしている。

同署によると、古賀容疑者が駐輪場で路上喫煙や放尿をしていたため、男性が再三にわたって注意していたという。

サンケイニュース https://www.sankei.com/affairs/news/200403/afr2004030009-n1.html

3/25(水)午前1時ごろ、上本郷のコンビニで強盗事件が発生、犯人はタバコを一箱奪い逃走

DATE:2020.3.25

3月25日午前0時59分頃、松戸市上本郷に所在するコンビニエンスストアにおいて、強盗事件が発生しました。犯人は、レジカウンター内の店員に刃物様のものを突きつけ、たばこ1箱を奪い、逃走しています。

松戸つうしん https://matsudo-tsushin.com/10818.html

路上喫煙注意され鉄パイプで暴行か 殺人未遂疑い父子逮捕

DATE:2020.2.15

鉄パイプで男性の頭を殴るなどして重傷を負わせたとして、大阪府警吹田署は14日、殺人未遂容疑で府内の建設作業員の少年(19)とその父親(49)を逮捕した。いずれも殺意を否認しているという。

2人の逮捕容疑は14日午後7時ごろ、大阪府吹田市藤白台の路上で、同市内の自営業の男性(33)の頭などを鉄パイプで複数回殴るなどして、鼻付近や左手小指の骨を折る重傷を負わせたとしている。

同署によると、男性が路上喫煙していた少年を注意したところ、少年から連絡を受けた父親が鉄パイプを持って現れ、2人で男性を襲ったとみられる。同署が詳しい経緯を調べている。

サンケイニュース https://www.sankei.com/west/news/200215/wst2002150003-n1.html

たばこで中抜け、9年で3442回 高校教諭を減給処分

DATE:2019.12.27

 勤務中に体育館裏でたばこを吸ったり、校外の飲食店で食事したりしていたとして、大阪府教育委員会は27日、府立高校の男性教諭(60)を地方公務員法の職務専念義務違反で減給1カ月(10分の1)の懲戒処分にし、発表した。 府教育庁によると、処分理由は同校に赴任した2010年4月から今年9月までの9年間、勤務中に3442回(計約172時間)の喫煙を校内で繰り返し、休憩時間でないのに上司の許可を得ず、校外の飲食店で138回(計39時間)食事をしたというもの。今年5月には、授業中に生徒の胸を拳で突いたという。

府立学校では08年度から敷地内での喫煙を禁止しており、目撃した教員が管理職に報告して発覚した。男性教諭は喫煙や飲食について「よくないという認識があったが、やめられなかった」と話したという。府教委は教諭の説明に基づき、職務を離れた時間を認定。今後、100万円程度の給与の返還を求める。(渡辺元史)

朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASMDW4KB6MDWPTIL00C.html

4歳長男の手にたばこの火押し付け、傷害容疑で父親逮捕

DATE:2019.5.23

4歳の長男の手にたばこの火を押し付けてやけどを負わせたとして、大分県警は23日、同県豊後高田市の会社員の父親(24)を傷害容疑で逮捕し、発表した。「故意ではない」と容疑を否認しているという。 発表によると、父親は19日ごろ、同居する保育園児の長男の右手親指付け根に、火のついたたばこを押し付け、2~3週間のやけどを負わせた疑いがある。園児が特定される恐れがあるとして、容疑者の名前は公表していない。

県こども・家庭支援課によると、市から虐待事実の通告を受けた県中津児童相談所が22日、「児童虐待の疑いで園児を一時保護する」と署に連絡した。児相はこれまで、虐待の相談は受けていなかったという。

朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASM5R3JT0M5RTPJB006.html

5歳長男の手にたばこの火押し付け 傷害容疑で母親逮捕

DATE:2019.2.18

 5歳の長男の手にたばこの火を押しつけてけがを負わせたとして、大分県警佐伯署は17日、大分県佐伯市の無職の母親(24)を傷害容疑で逮捕し、発表した。「たばこの火を押しつけたことは間違いない」と容疑を認めているという。目立った外傷はほかにないというが、日常的に虐待がなかったか調べている。 発表によると、母親は1月中旬ごろ、自宅で長男の右手の甲にたばこの火を押しつけ、2~3週間のやけどを負わせた疑いがある。1月21日に県中央児童相談所から「虐待の疑いがある子どもがいる」と署に通報があった。長男は現在、次男とともに保護されている。

署や佐伯市によると、一家は母親と子ども2人の母子家庭。支援が必要な家庭として、県警や児相などによる虐待防止のための要保護児童対策地域協議会で情報を共有していた。事件前から家庭訪問も実施していたという。

県によると、県中央児相は虐待の疑いの情報提供を1月21日に受け、すぐに県警に通報したという。こども・家庭支援課の大戸英輔課長は「千葉県野田市の事案もあり、行政機関と警察は最大限迅速に対処した」と話した。

朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASM2L3QRFM2LTPJB004.html

ポイ捨て注意され、6歳の首絞めた疑い 75歳男を逮捕

DATE:2016.3.21

たばこのポイ捨てを小学生から注意され、男児の首を絞めたとして、兵庫県警は加古川市の無職の男(75)を暴行の疑いで逮捕し、21日発表した。「注意され腹が立った」と容疑を認めているという。 加古川署によると、男は20日午後2時すぎ、自宅近くの路上で喫煙後に吸い殻を道端に捨て、遊んでいた小学1~4年の男女4人に注意され、1年男児(6)の首をいきなり両手で絞めた疑いがある。

児童らは男が家に入るのを確認して警察へ通報。「ポイ捨てはあかんのに」と話していたという。注意した他の児童3人も「腕をつかまれた」などと話しており、署は状況を詳しく調べている。

朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASJ3P51Z9J3PPIHB017.html

-タバコ, 喫煙者が起こした事件・事故

Copyright© REBOOT , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.