IDEA★DESIGN

REBOOT

よもやま話

鼻血が頻繁に出るので近所の耳鼻科に行ってみた

投稿日:

もともと子供ころから鼻血が出やすかったのだが、ここ1~2年頻繁に鼻血が出るようになった。
例えば仕事中になんの前触れもなく急にぽたりと出て服を汚したり、寝てる最中に出たり。
就寝中は鼻から出なくても鼻の奥で出血して、朝起きてから歯を磨くとつばに混じっていたり。
とにかく、ひどいときには毎日のように鼻血・鼻血・鼻血。
まくらカバーやシーツ、部屋着にはもちろん、いたるところに鼻血の跡。
で、近所にできた耳鼻科に掛かることにした。

いざ、耳鼻科へ

できて一年くらい経つだろうか、3階に内科、2階に耳鼻科、1階に調剤薬局がある医療ビル。

1回目
土曜日の10時ごろ。
診察は9時からだったのでこの時間。
受付に行くと「本日の受付は終了しました。」の表示。
あらら、仕方ないと平日出直すことに。

2回目
月曜日。
土曜のことがあったので診察が9時20分ごろに。
受付に行くとまた「本日の受付は終了しました。」の表示。
まだ、診察始まったばっかりだろ?と思いながらも受付に聞いた。
「何時に来れば診察受けられるの?」
「みなさん、診察開始前に並ばれてます。」
「10分前とか?」
「ええ、15分、20分前とかですね。」

仕方ないので、午後に再挑戦することに決めた。
午後の診察開始は3時だ。
3時10分前には来よう。

その日は仕事で外出し、そのまま戻ることができたので2時15分に駅に着いた。
さすがに早いので一度自宅に戻ろうと思ったが、少し遠回りだが様子を覗くことにした。

すると、エレベーターホールに人影が。
4人ほど並んでいる。
恐る恐る聞いてみた。
「これ耳鼻科の待ちですか?」
「そうです。」

まぢか!
まだ40分前だぞ?

しょうがない、並ぶことにした。

3時前になると整理券を配られ、順次クリニック内へ誘導される。

問診票を書いて待つ。
診察開始していないのにこの患者数
まだ、診察開始していないのにこの患者数。

ネットで受付もしていて診察時間から受付開始してすぐ一杯になってしまうらしい。
でも早い時間に診察を受けたいなら並ぶしかない。

いざ診察

診察開始から20分ほどで自分の順番に。

先生は意外に若く40歳までいっていないくらいか。
症状を説明したら鼻にカメラを突っ込んで撮影、状態を見せながら説明してくれた。
直接の原因は鼻の粘膜についた傷。
その傷は鼻炎によるものだという診断。
冬から春まで季節性のアレルギー鼻炎(自称)なので、鼻づまり、くしゃみなどで鼻の粘膜が傷ついているのだという。
ちなみに鼻の中の骨がかなり曲がっているらしい。
なので、余計に鼻づまりしやすいんだってさ。

わかりやすい説明だと

説明は実にわかりやすく明快。
わかりやすい説明だと、ふんふんと納得。
納得すればちゃんと薬も飲むってもんです。

クリニック繁盛の秘訣

やっぱり医師としての技術も大事だけど納得できる説明ができることが大切だと思う。
患者が納得すれば、ちゃんと薬も飲むしいいつけも守る。
ちゃんと薬を飲めば自然と治癒率も高くなる。
治る率が高ければ、いい先生となり評判が上がる。

これがこのクリニックの人気の秘密だろう。

親切丁寧ってのより、伝わる言葉で説明できるのが、評判のいい医者のスキルかもしれませんな。

行った耳鼻科はこちら。
烏山耳鼻咽喉科
けっしてステマじゃありません。
あしからず。
http://www.karasuyama-jibika.com/
烏山耳鼻咽喉科

ちなみにPCや携帯電話から予約ができるシステムを導入していますが、ワタシこれが使えません。
使えないというのは、キャリアのメールアドレスが必須らしくPCのみや大手キャリアと契約していないスマートフォンでは会員登録できないのです。
ちょっと、古いですな。
iクリニックという予約システム。
「PCで予約できるのね!」なんて書いてあるのにね。

Jpeg

-よもやま話
-,

Copyright© REBOOT , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.