IDEA★DESIGN

REBOOT

Windows ハードウェア

そんなに古くないのに、めっちゃ遅いWindowsPCの対処法

投稿日:


そんなにパソコンに詳しいわけではないんですが、パソコンの調子が悪いとか遅いので見てくれということ良くあります。

そーいえば、息子がHなサイトを開いてから起動するたびにウィンドウが開いてくるので何とかしてくれという依頼もありました。
当時、その子は小学六年生。
バツが悪そうにしている彼に「みんな通る道だからな。」と慰めたこともありました。懐かしい。w

今回もそんな依頼。
パソコンはレノボのノートPC。
今回は大切なデータは残していないというので、まず出荷状態に初期化してみました。
確かに遅いです。
どんな遅さかというと、Windowsキーを押すと数秒経ってからメニューが表示されるほどの遅さです。
もうこうなると「Windows 重い」とかでググって出る対策、例えば使用しないソフトを削除する、グラフィック(画面処理)の負担を軽くするなどでは埒があきません。
完全に根本的な問題です。

例えればF1のエンジンを積んでいるのにタイヤが自転車のタイヤを履いてるとか、宇宙まで飛ばすロケットに50cc原付用のエンジンを積んでるとか、スマホのゲームを作って大儲けしようとしているのにガラケーしか持っていないとか・・・
いい例えが出てきませんが、とにかく根本的な問題なのです。

幸いなことにパソコンは部品が交換できます。
そう、部品交換でなんとかなります。
具体的にはメモリを増やすのと、ハードディスクをSSDに変えるのです。
2GBしかないメモリを8GBに。
ハードディスクをSSD(読み込みの早いハードディスクと考えてください)にします。
メモリは種類にもよりますが5千円~、SSDは1万円~。
運がよければ2万円以内で普通のパソコンに変わります。
2万円で済んだらラッキーですね。
F1ならF1に見合ったタイヤに変えるのです。
ロケットはロケットエンジンを積み、スマホゲームを作るならスマホを買わないといけません。

それを伝えると、お金かけないでなんとかならないのといわれます。かなりの確率で。
なんとかなりません。
根本的な問題ですから。
安物買いの銭失いの典型ですが、買ってしまったものは仕方ありません。
そのまま使うか、部品を変えて使うか、使わないかしかありません。

この方法でそれほど古くないパソコンならメモリとSSDに変えるだけでまともに使えるようにはなります。
そうやって何台も生き返らせてきましたので。

メモリの換装はパソコンの説明書を、SSDに乗せかえるのはググるとやり方は出てきますので参考にしてください。

ちなみにコンシューマー向け、いわゆる家庭向けのパソコンには色々な付属のソフトが入っています。
画像編集ソフトや動画再生ソフト、年賀状ソフト等はまだいいのですが、メーカー製の故障診断ソフト等が常駐(常に動作している状態)して悪さしている場合もあります。
ですので購入の際はビジネス向けのパソコンを購入して最低限のソフトをインストールすることをお勧めします。

こんなパソコンを見ると作ったメーカーには怒りしか覚えません。
こんな使えないPCを売るなんて。
一見、豪華で画面もきれいでしかも安い。
でもまともに使えない。立派な詐欺です、これは。

最後に

こういった作業をみなさん簡単に頼んでくるんですが、実は作業にかなり時間が掛かります。
最低でも数時間かかりますし、運が悪かったり状態がひどいと数日かかったりします。
なのに、ただでやってもらおうとします。
悪意はないのはわかっているんですが、そのへんに配慮してもらえるとありがたいです。
そんな話をすると、友達から金取るのかとか言われます。
あなたは仕事のノウハウや休日の時間を無料で提供しますかってハナシです。

-Windows, ハードウェア
-

Copyright© REBOOT , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.