IDEA★DESIGN

REBOOT

おすすめ商品 よもやま話

オトコのデリケート部分のムダ毛処理、どれがいいか試してみた!

更新日:


今回は下ネタです。
と、言ってもエロではありません。
汚いハナシも出てきますので、閲覧注意でございます。
さて、今回はオトコのムダ毛のハナシです。
え?どこのムダ毛かって?
えー、男同士でも話題にならないケツのムダ毛です。

ワタクシ、体毛は薄いほうなんですがケツの穴の周りにしっかりと生えてます。
実際に鏡で見たわけではないんですが、結構生えてるんです。
放っておくと2cmくらいにはなります。w

実はこのケツ毛、非常に問題があるんですね。
なにが問題かというと・・・・

完全に拭き取れない場合がある

ということです。
汚いハナシで申し訳ありません。
でも事実なんです。

ちょっと想像してみてください。

外を歩いていたらカラスの糞が頭に落ちてきたとします。
すぐにティッシュで拭き取ろうとしますよね。
でも髪の毛に付いた糞はなかなか取れません。
カラスの糞

ええ、そんな感じです。
こんなことが、日常生活の中で起きているんです。

もちろん、世界中のトイレがウォシュレットなら洗い流してくれるんでいいんですが。
拭きが甘いと下着を汚したり、汗と混じって炎症を起こしてかゆくなったりします。
ということで、ワタシが体を張りましたよ。w

顔そり用安全カミソリ

ムダ毛処理というとオトコがすぐ思いつくのがカミソリです。
しかし、髭剃り用のT字型だと狭い部分がそりにくいので、顔用のカミソリで処理してみます。
これなら安全に処理できそうですね。
こんなやつです。
顔そりかみそり


風呂に入ったときに剃ってみます。
しかし、場所が場所だけに剃りにくい。
というか、どんな状況なのかを想像しながら剃ってみましたが、きれいに剃れたのか確認できません。
おまけに少し切ってしまったようで軽く出血しました。
安全カミソリとはいえ、やはり危険です。

処理具合:★★☆☆☆
安全性:★★☆☆☆
コスト:★★★★★

除毛クリーム

次は除毛クリームです。
除毛クリームは化学反応により、毛(タンパク質)を溶かして取り除く方法です。
肛門は粘膜なので敏感肌用を選びます。これ必須です。
ドラッグストアでも簡単に手に入ります。
除毛クリーム

シャワーや風呂に入る前、肌が乾いた状態で塗り込みます。
このまま5分くらい待ちますが、狭い部分なので、洗い流すようなことしなければ、このままシャワーを浴びても構いません。
5分経ったら、少しクリームを指でとって除毛具合を確認します。
少しでも取れているのが確認できたら、クリームが残らないようにしっかりとシャワーで洗い流します。
少しでもクリームが残っていると、粘膜や皮膚を痛めますので念入りに流してください。

処理具合:★★★★☆
安全性:★★★★☆
コスト:★★★☆☆

鼻毛処理用ワックス

次は鼻毛処理用に購入したワックスです。
ブラジリアンワックスとも言いますね。
ワックスを電子レンジや湯せんで柔らかくしてムダ毛のある部分に密着させます。
ワックスが冷えたら、一気にはがしてムダ毛を一網打尽にします。

しかしこれはどこでやればいいんでしょう?
風呂ではできないし、洗面所でもないしトイレでもない。
リビング?ベット?
大の大人が尻を丸出しにしてなにか棒を突っ込んでいる姿って、誰かに見られるわけでもないけど、想像に堪えない!
ええ、実に滑稽です。
なので却下しました。
見られたら恥ずかしい度:★★★★★★

まとめ

結果、除毛クリームが一番でしょう。
コスト、処理具合、安全性、手軽さなどどれを取っても除毛クリームですね。
頻度も二週間に一度くらいで大丈夫(ワタシの場合)ですので手間もかかりません。
ケツ毛にお悩みの貴兄にぜひ。

あとはレーザー脱毛という手もありますが、ちょっと高めです。
男性専門や陰部に対応しているところもあります。
レーザー脱毛は医療機関で受けてくださいね。

ところでアマゾンアンリミテッドでたまたま読んだ「女帝」。
時代は少し前ですが、夜の世界でトップを目指す女性の物語。
面白くて一気に9巻まで読んじゃいました。
24巻までありますが、9巻までアンリミテッドで読み放題です。

-おすすめ商品, よもやま話

Copyright© REBOOT , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.