IDEA★DESIGN

REBOOT

よもやま話

引っ越し先の調布市はたばこポイ捨て天国だった

投稿日:

調布市に引っ越して

2017年の8月、犬を飼うために調布市に引っ越しをしました。

引越の物件探しや顛末はこちら。
今回契約したペット可物件の紹介
ピカピカのリフォーム物件は問題だらけの物件でした【追記あり】

調布市に引っ越してきて数か月、住んでみて気になったのが町の汚さ。
道路や歩道に小さなごみやたばこの吸い殻、たばこの箱などが散乱しています。
なかには落ち葉が落ちている遊歩道で火のついたままのたばこの吸い殻が捨ててあったこともあります。
あと、大型犬のうんちが歩道の真ん中に放置されていたこともあります。
ウチは中型犬を飼っているのでうんちの大きさで犬の大きさもわかるのです。笑

引越した当初は、自分の勘違いでただ目につくだけなのかと思ったのですがそうでもないのです。
引っ越す前の住所は世田谷区上祖師谷。
最寄り駅は千歳烏山駅。
朝夜、駅まで徒歩でしたがこの間、歩きたばこはほとんど見ませんでした。
よって、ポイ捨てもあんまり見ません。
一部、駅前のキャバクラの前の排水口はボーイのポイ捨てですごいことになっていますが。

前の家とは直線距離で5kmくらいしか離れていません。
たった5km違うだけでこんなにも違うものでしょうか。
それともわたしの勘違いでしょうか?

調布市のポイ捨ての現状

ワタシはよく歩きます。
最初は運動不足解消というか体力づくりというかそんな理由ではじめたんですが、2駅や3駅くらいは良く歩いています。
そのせいか、たばこのポイ捨て目に付くんです。
そんな調布のたばこポイ捨てを撮影してみました。

京王多摩川駅近く。20m先には灰皿あるのにポイ捨てするって頭おかしいよね

京王多摩川駅近く。20m先には灰皿あるのにポイ捨てするって頭おかしいよね

京王多摩川近く。土建業者の男が火が付いたままのたばこをポイ捨て。

京王多摩川近く。土建業者の男が火が付いたままのたばこをポイ捨て。

布田駅近く。通勤途中のたばこを駅が近くなったからかポイ捨て。

布田駅近く。通勤途中のたばこを駅が近くなったからかポイ捨て。

布田駅近く。上の写真のすぐ先にまたポイ捨て。

布田駅近く。上の写真のすぐ先にまたポイ捨て。

布田の駐車場。きっと車の灰皿の中身を・・・

布田の駐車場。きっと車の灰皿の中身を・・・

桜堤通りのバス停。白くみえるのがほとんどたばこの吸い殻。

桜堤通りのバス停。白くみえるのがほとんどたばこの吸い殻。

公園の排水口。この公園で吸っているのを見かけて行ってみると、排水口が灰皿に。

公園の排水口。この公園で吸っているのを見かけて行ってみると、排水口が灰皿に。

畑にもポイ捨て。

畑にもポイ捨て。

数メートル先に灰皿あるのに。もう基地外ですね。

数メートル先に灰皿あるのに。もう基地外ですね。

こちらはローソンの店先。すぐそこの灰皿が見えないようです。

こちらはローソンの店先。すぐそこの灰皿が見えないようです。

加熱式タバコも例外なくポイ捨て。

加熱式タバコも例外なくポイ捨て。

バス停はゴミ箱です。喫煙者からしたら。

バス停はゴミ箱です。喫煙者からしたら。

この手のゴミには大抵タバコの空箱が。流石にポイ捨てが日常だからね。

この手のゴミには大抵タバコの空箱が。流石にポイ捨てが日常だからね。

こんなところでも堂々ポイ捨て。調布市市役所前の横断歩道。

こんなところでも堂々ポイ捨て。調布市市役所前の横断歩道。

調布市の桜堤通りのタバコのポイ捨て

これが、調布市の現状です。
こんな、タバコポイ捨て天国、調布市に住みたくないですわ。ホント。

ご覧の通りひどい状況ですが、調布市の対策はどうなっているのでしょう?
今後、調べていきます。

-よもやま話

Copyright© REBOOT , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.